ウォータースタンド デメリット

ウォータースタンドにもデメリットはある!

 

「ウォータースタンドは安くてお得だから設置しよう!」なんて思っているなら、ちょっと待ってください。

 

 

 

 

 

 

あなた、損するかもしれませんよ!

 

指摘する女性

 

 

 

 

 

 

コインに裏と表があるように、メリットがあれば必ずデメリットもあるもの。

 

 

 

 

 

くまなく調べてみてください!

 

 

ウォータースタンドをにもけっこうデメリットがあるんですよ・・・

 

 

 

 

 

節約のために設置したウォータースタンドで損したら意味がないと思いませんか?

 

 

 

 

 

そこでウォータースタンドを利用するときのデメリットをまとめました。

 

 

ウォータースタンドを検討しているなら、最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

損する前に知っておきたいウォータースタンドのデメリット

 

 

ウォータースタンドのデメリットは次の3つです。

 

 

  • 工事がある
  • サーバーが多くて迷う
  • 節約にならないことがある!

 

 

 

ウォータースタンドは初回に設置工事がある

ウォータースタンドの工事

 

”工事”ってきくだけで面倒だと思いませんか?

 

 

 

エアコンに洗濯機、インターネットに電話など、工事と名のつくものは立ち合いをしないといけません。

 

 

 

 

 

ハッキリ言って、、、「メンドクサイ」のよね。


 

 

 

これは水道直結ウォーターサーバー共通のデメリット。

 

 

 

専門スタッフがきてウォータースタンドと水道管をつなぐ工事をしてくれます。

 

 

立ち合いが必要になりますし、工事の作業の人が家に上がらないと設置できません。

 

 

 

 

 

わが家なんて子供が散らかし放題なので、足の踏み場もないくらい。(これが一番の悩み・・)

 

 

 

だから、家族以外が自宅に上がるなんてかなり迷ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

ボトル型にしよっかな?


 

 

 

なんて頭をよぎるところですが、最初の1回だけガマンできるならそれ以降は「飲むだけ」。

 

 

 

初回の工事にかかる30〜60分が目をつぶれないなら、諦めた方がいいでしょう。

 

 

 

 

でも、「工事」といっても穴を開けたりとかはないんですよね。

 

 

だから賃貸で使っている利用者も多いんです。

 

 

ウォータースタンドが賃貸で使える2つの利点をまとめた記事を見てみる⇒

 

 

 

 

食洗機をつけるのと同じイメージ。

 

 

 

スタッフの人にお任せできるので、見てるだけで自宅にちっちゃな浄水場の出来上がりです。

 

 

 

 

最悪、だれか家族の人がいればいいので、パパにいてもらう、、、なんてことでもOKじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

ウォータースタンドはサーバーが多くて迷う

ウォータースタンドのサーバー

 

他社のウォーターサーバーではあまり感じないことですが、ウォータースタンドはサーバー選びに迷う可能性があります。

 

 

だって、8種類もあるんですから。

 

 

 

「他も色々あるじゃん」と思うかもしれませんが、そうじゃないんです。

 

 

 

よくあるウォーターサーバーは色違い・デザイン違いだけ。

 

 

 

ウォータースタンドはサーバーそれぞれに特徴があるので、生活スタイルで選べるんです。

 

 

 

  • 大家族で使用量が多い
  • 赤ちゃんがいる
  • 健康のために常温水が飲めればいい

 

 

 

家族それぞれに目的や使用量が異なって当然ですよね。

 

 

ウォータースタンドは8種類のサーバーがあるので、それを選ばないといけないんです。

 

 

 

「そんなこと言われても、使ってみなきゃどれが良いか分かんない!」

 

 

 

仰る通りです。

 

 

 

 

なので、ウォータースタンドはお試しができるんです。

 

 

ウォータースタンドのお試し

 

 

 

 

実際に使って使用感を確かめてから判断できるので、ありがたい。

 

 

 

 

ボトル型でもお試しできるウォーターサーバーはほとんどありませんし、水道直結で言えばウォータースタンドだけ。

 

 

 

どれを使ったらいいか分からなければ、一度使ってみるといいですよ。

 

 

ウォータースタンドのお試しについて詳しい記事を見てみる⇒

 

 

 

 

 

 

ウォータースタンドは飲む量が少ないと割高になることがある

 

 

水道直結のウォータースタンドは飲み放題の定額制。

 

 

いくら飲んでも料金は一緒。逆にいえば、まったく飲まなくても定額料金がかかると言うことです。

 

 

 

 

一人暮らしや出張などで不在が多いと割高になることがあります。

 

 

 

ここ重要!

 

 

 

 

月24リットル未満の消費ならウォータースタンドではなく、ボトル型ウォーターサーバーの方がいいでしょう。

 

 

もし夫婦2人で検討しているなら、消費量を考えて決めた方がいいです。

 

 

 

 

逆にわが家と同じように子供が1人でもいるなら、ウォータースタンドの方が安上がりです。

 

 

 

幼稚園児はサーバーから出てくる水に興味津々ですから、確実に水を飲む量が増えます。

 

 

 

 

実際ウチでは、りんごジュースの消費量がガクッと減りましたからね。

 

 

 

 

もし水道直結ウォーターサーバーを検討しているなら、他にもあります。

 

 

 

 

 

ウォータースタンド以外の水道直結ウォーターサーバー

 

 

水道直結ウォーターサーバーはウォータースタンド以外にもあります。

 

 

 

クールクー

 

 

クールクー

 

 

クールクーはROフィルターを標準搭載した水道直結ウォーターサーバー。

 

 

ウォータースタンドではサーバーによってROフィルターを搭載しています。

 

 

 

ROフィルターとは?

 

ROフィルターというのはアメリカのNASAが開発した特殊なフィルター。

 

水に含まれる不純物を99.9%除去する能力があります。

 

牛乳をROフィルターに通せば、無色透明の真水になって出てくるくらい除去率が高いです。

 

 

床置き・卓上2種類のサーバーから選ぶだけなので、ウォータースタンドのように迷うことがありません。

 

 

RO水のみを考えているなら、クールクーがおすすめです。

 

 

 

 

ただ、費用を抑えたいならやっぱりウォータースタンドがいいですね。

 

 

 

サーバーによって最低2000円からレンタルできるウォータースタンドに比べて、クールクーは月額4200円。

 

 

またキャンペーン利用で無料となりますが、初回工事費18000円かかります。(ウォータースタンドは無料)

 

 

 

 

ウォータースタンドならROフィルターとナノトラップフィルターの2種類から選べます。

 

 

  1. ROフィルター:除去率99.9%
  2. ナノトラップフィルター:除去率99.5%

 

 

 

ナノトラップフィルターもNASAが開発しているので、信頼度バツグン!

 

 

 

ウォータースタンドなら好みに応じておいしい水が飲めるということですね。

 

 

 

 

 

楽水ウォーターサーバー

 

楽水ウォーターサーバー

 

楽水ウォーターサーバーは、水道水を湧き水にするような水道直結ウォーターサーバー。

 

 

オプションでROフィルターがあり、企業や学校関係に導入実績の多いサーバーです。

 

 

 

 

定期メンテナンス不要で、定期的に送られてくる交換フィルターを交換するだけという手軽さ。

 

 

専門スタッフが来るのがイヤならおすすめです。

 

 

 

 

その代わり契約の縛りが長めに設定されていて、3年未満の解約は違約金が高めなのが難点(ウォータースタンドは違約金なし)。

 

 

 

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーは、今後も普及が広がっていくことに間違いありません。

 

 

 

 

 

こうして比べると、水道直結ならウォータースタンドが一番使いやすいことがわかります。

 

 

 

 

それは、ウォータースタンドにだけある

 

 

  • 契約の縛りがない
  • 設置工事費用がかからない
  • 解約時のリスクが少ない
  • 生活に合わせてサーバーを選べる、交換できる
  • お試しができる

 

 

という点です。

 

 

 

特にウォータースタンドだけお試しができるのが大きいですね。

 

 

 

お試しは無料で、1週間使い放題です。

 

 

 

エコサーバーというタンク式で試せるので、お試しは工事不要です。

 

 

 

 

使ってみることで、どのサーバーが合いそうか分かりますし、何より「ウチには合わない」と思ったら断ることだってできます。

 

 

 

ボトル型ウォーターサーバーを使いながら、ウォータースタンドのお試しを使ってみる人も多いんですよ。

 

 

 

しかも乗り換えキャンペーンを使えば違約金負担もないので、乗り換えた時のリスクもありません。

 

 

乗り換えキャンペーンについて詳しく書いた記事を見てみる⇒

 

 

 

 

解約金を全額負担してくれるキャンペーンは下記をクリックして申し込みしてください。

 

page top